半導体メーカー ランキング 2019 世界の半導体市場を考察

今回世界の半導体の売り上げ企業ランキングを調べました。
5Gの時代になり、市場規模が拡大するといわれている半導体市場の動向を探ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

半導体メーカー ランキング 2019

世界の半導体企業ランキング上位11社は

1. インテル:Intel
2. サムスン:Samsung
3. 台湾のTaiwan Semiconductor
4. SK:SK Hynix
5. マイクロンテクノロジー:Micron Technology
6. ブロードコム:Broadcom
7. クアルコム:Qualcomm
8. テキサス・インスツルメントTexas Instruments
9. 東芝:Toshiba
10. エヌビディア:Nvidia
11.ソニー:Sony

です。
(引用:https://www.investopedia.com/articles/markets/012216/worlds-top-10-semiconductor-companies-tsmintc.asp)

1. インテル:Intel

インテルは半導体売上世界一。
主に記憶装置などを製造しています。
株価は上昇余地はあるもののアナリスト26人中6名が売りを推奨とのこと。
アメリカ国内外との競争が激化しているようです。

2. サムスン:Samsung

スマートホンなどの半導体を製造。

売り上げは上昇が続いています。

3. TSM(Taiwan Semiconductor)

成長を続けている台湾の半導体メーカー。

4. SK:SK Hynix

こちらも韓国企業。
半導体の製造販売を手掛けています。
こちらも成長目覚ましい企業です。

5. マイクロンテクノロジー:Micron Technology

アメリカアイダホ州の企業。

6. ブロードコム:Broadcom

無線通信や記憶媒体、工業用半導体を製造。
過去3年売上高はほぼ横ばいのものの利益率が倍になっているという。

7. クアルコム:Qualcomm

売上高は過去4年ほぼ横ばい。

8. テキサス・インスツルメントTexas Instruments

電卓など工業製品の半導体製造。

安定した企業とみられているようです。

9. 東芝+キオクシア(旧東芝メモリ):Toshiba

ようやく日本企業が登場です。

キオクシア:旧東芝メモリは東芝から売却された会社です。
あわせての数字ですので参考程度に考えた方が良いかもしれません。
テレビやタブレットの半導体を製造。

10. エヌビディア:Nvidia

こちらもアメリカ企業です。
見やすい図がこちらのサイトにあったのでリンクしておきます。
https://epsnews.com/2019/11/18/intel-to-reclaim-no-1-semiconductor-supplier-ranking-in-2019/

成長率ランキング

売上高より成長性は?考えたときのランキングはこちら。

 

2019 2018  企業2019 売上2019 市場シェア (%)2018売上2018-2019 成長率 (%)
12インテル65,79315.766,290-0.7
21サムスン52,21412.573,649-29.1
33SK hynix22,4785.436,240-38.0
44Micron Technology20,0564.829,742-32.6
55ブロードコム15,2933.716,261-6.0
66クアルコム13,5373.215,375-12.0
77Texas Instruments13,2033.214,593-9.5
88ST Microelectronics9,0172.29,213-2.1
912キオクシア (旧東芝メモリ)8,7972.18,5333.1
1010NXP8,7452.19,022-3.1
  その他189,16945.2195,713-3.3
  合計418,302100.0474,631-11.9

と、半導体市場の落ち込みを見せています。

(https://www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2020-01-14-gartner-says-worldwide-semiconductor-revenue-declined-11-point-9-percent-in-2019)

別のレポートですが
売上高上位15社を、2019年の売り上げ予測値をもとに
2019年と2018年での売上高の上昇率で並べ替えたランキング(予測値)です。
(出典はアメリカIC Insight’s)

1.ソニー +29%
2.TSMC(台湾) 1%
3.メディアテック(台湾)1%
4.インテル 0%
5.ST(ヨーロッパ) -2%
6.ブロードコム -3%
7.インフィネオン(ヨーロッパ)
8.NXP(ヨーロッパ)
9.TI
10.NVIDIA
11.クアルコム
12.東芝メモリ -18%
13.サムスン -24%
14.マイクロン(アメリカ)
15.SK Hynix(韓国) -38%

(参考:https://epsnews.com/2019/11/18/intel-to-reclaim-no-1-semiconductor-supplier-ranking-in-2019/)

2桁成長はソニーのみ。
他のメーカーはマイナス成長も過半数。

まとめ

2019年の世界の半導体売上高ランキングをご紹介しました。
コロナウイルスの影響も危惧されますが、将来的には市場拡大の見込まれる分野です。

今後の日本の成長性に期待しましょう。

スポンサーリンク
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
スポンサーリンク
日本株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです
暮らしの情報&雑学広場
error:Content is protected !!