アフリカ豚熱(豚コレラ)餃子でなぜうつる?人への感染は?

アフリカ豚熱(豚コレラ)と餃子健康

今回はアフリカ豚熱(豚コレラ)について調べてみました。
・餃子やソーセージ、ハムが危険な理由
・感染拡大状況
・日本での対策
について調べました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフリカ豚熱(旧豚コレラ)とは?

アフリカ豚熱ウイルス(ASFウイルス)感染によるブタやイノシシの感染症です。
1912年、ケニアで最初に報告されたもので、
豚同士の間で、もしくはダニなどを介して感染します。

サハラ砂漠以南のアフリカ、東ヨーロッパ、ロシアのほかアジアでも拡大しており、
中国、韓国でも感染が報告されています。

感染拡大の原因として

・汚染された豚肉を含んだ食品の残りが豚のエサとして使われた
・食品廃棄物をイノシシが食べた
といったことが考えられています。

もともとは「アフリカ豚コレラ」と呼ばれていましたが、
2020年2月5日、「アフリカ豚コレラ」から
名称が「アフリカ豚熱」に改正されました。

症状

症状は発熱、食欲不振、粘血便などを示す急性型や甚急性型があり、
発症後1週間程度で死亡致死率は100%近くに上ります。

アフリカ豚コレラが餃子やソーセージで感染するのはなぜ?

wikipediaの記載は以下の通りです。

アフリカ豚熱ウイルスは死亡した豚の血液や、各種の臓器ならびに筋肉で3 – 6ヶ月間残存し、冷凍豚肉で110日間以上、スペイン産生ハムで 140日間以上、燻製や塩漬のハム等で300日間以上にわたり活性を保つとの報告があり、汚染された豚肉や豚肉加工品が他のブタ等への感染源となりうる。

 

感染した豚の血液や内臓の中で、3か月から300日以上にわたり
感染力を持つということです。

そのため、感染した豚肉の加工品について、日本への持ち込みには厳重な警戒態勢が敷かれています。

アジアでの発生状況(2020/3/12時点)

・ベトナム:5941件
・インドネシア:465件
・韓国:369件
・フィリピン:215件
・中国:168件

中国では2018年に40万頭以上の豚が処分の対象となっています。

日本での陽性例(持ち込みなど)

・2018年10月 豚肉ソーセージ(1.5kg)(中国からの旅客の携帯品)
・2019年1月 豚肉ソーセージ計4品(同上)

また、中国産の冷凍食品のうち、冷凍餃子にアフリカ豚熱ウイルス(発表時の名称は「アフリカ豚コレラウイルス」)(ASFウイルス)の遺伝子が検出されました。

これらのソーセージや餃子といった食品がウイルスに感染しているため、
何らかの形で豚に感染が及ばないよう対策をとる必要があります。

日本では、家畜伝染病予防法において「家畜伝染病」に指定され、
患畜・疑似患畜の速やかな届出とと殺が義務付けられています。

豚熱は人に感染しないのか?

「ブタ及びイノシシに特有の病気でありヒトには感染しない。」

と、これまた前述のwikipediaには記載されています。

農林水産省のホームページにおいても

本病に有効なワクチンや治療法はなく、 発生した場合の畜産業界への影響が甚大であることから、我が国の家畜伝染病予防法において「家畜伝染病」に指定され、患畜・疑似患畜の速やかな届出とと殺が義務付けられています。

なお、ASFは豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。

と記載されています。

まとめ

アフリカ豚熱(旧豚コレラ)について
・症状、疫学
・なぜ餃子やソーセージに注意が必要なのか
・日本での状況
についてまとめました。

安易な食品破棄から、残飯を介して日本でも感染が発生する危険はあります。
・食材は無駄に買わないように
・野生動物にエサは上げない
・食べられるようなこともしない
ことが必要ですね。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです
暮らしの情報&雑学広場
error:Content is protected !!