十六夜はいつ?2020年の日程 意味と由来、月夜の楽しみ方

満月 十五夜 十六夜教養

美しい月を楽しむ風習はいつからか、
最も月が美しいといわれる
「中秋の名月」とその翌日の十六夜について
意味や由来、楽しみ方をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

十六夜はいつ?2020年では?

2020年の十六夜(いざよい)は10月2日です。
十六夜とは、陰暦八月十六日の夜、またはその日の月のことです。

十六夜は本来「太陰暦の16日の夜」
またはその夜の月のことを指しています。

毎月十六夜の月自体はありますが、
旧暦8月16日の月のことを特に「十六夜」とするのが一般的です。

十六夜が8月16日である理由

お月見をするのは「十五夜」が有名ですね。
太陰暦では毎月15日付近の月が最も満月に近くなるため、
旧暦の毎月15日も本来は十五夜にあたります。

ただ、旧暦の8月15日は特に月の美しく見えることから
「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」として特別な存在となっています。

そのため、「十六夜」というと、
中秋の名月の翌日にあたる旧暦8月16日の夜を指すことが一般的で
す。

ただ、中秋の名月は旧暦の8月15日ですが、
その日は必ずしも満月ではありません。

2日程度異なる場合も多いため、

十六夜を
・十五夜の次の日(旧暦8月16日)とする考え方と、
・中秋の名月(満月の夜)の次の日
という考え方があります。

十六夜の意味と由来・名前

名月の日に月を鑑賞する風習は、中国の唐の頃からといわれています。

日本に伝わり、平安時代ころには盛大に月見の行事が行われるようになりました。

当時の月見は、宮中や貴族たちの間で
歌(詩歌)や音楽を楽しみながら月を眺め、お酒を飲むという華やかなものでした。

室町時代ころには次第にシンプルになり、
お供えをして月を見るという現在のスタイルに近いものとなりました。

特に秋の満月は収穫の時期と重なっており、
豊穣の喜びと感謝のお供えをする日となっています。

8月14日 – 15日の満月の前の月を「待宵(まつよい)」
16日 – 17日の夜を「十六夜(いざよい)」と呼んで、
中秋の名月の前後の月を愛でるという風習があります。

十五夜のメニューは?何を食べる?

十五夜といえばなんといってもやはり

「月見団子」

ですね。

 

また、某ファストフード店でも
「月見バーガー」
というバーガーが販売されています。

「月見うどん・そば」
は、温かいうどんやそばに生卵を落としたもの。
ススキや雲に見立てた海苔やわかめをいれるのがもともとの月見といわれていますが、
現在では生卵だけのものでも月見うどん・そばと呼ばれるようになっています。

中国では中秋の名月には
「月餅」を食べる風習があります。
中には小豆やくるみ、ゴマなどのさまざまなあんを詰めます。
やっぱり、ぎっしり詰まったあんこは格別の味わいですね!

お供えを置く台「三方」を折り紙で作る方法はこちらの記事にまとめています。

まとめ

十六夜の由来と意味、2020年の日程についてまとめました。

ご参考になれば幸いです。

このサイトでは日常生活の雑学や知識を掲載しています。

こちらの記事も読まれています。

スポンサーリンク
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
スポンサーリンク
教養
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです
暮らしの情報&雑学広場
error:Content is protected !!