栗を英語で何と言う?フランス語とマロンの関係は?

栗を英語で何と言う?フランス語とマロンの関係は? 1 ことば
スポンサーリンク

子供と英語のカードで遊んでいると、「栗」のカードに「Chestnut」と書かれていました。

栗は英語で「マロン」だと思っていたのですがChestnutが正しいということがわかりました。

じゃあマロンって何だろう、と思ってみたのでさらに調べてみました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栗は英語でChestnut

栗は英語でChestnutと言います。

“chestnut”という単語は、古い英語の単語 “chesten nut”から派生したものです。

学名のCastanea(カスタネア)は、ギリシャ語の castana(栗)に由来するラテン語です。

一説には、テッサリアの近くの町、「Kastanea」の近くに生えていた木からこの名前がついたとされています。

ここから「栗」をあらわす「chest」という単語が生まれ、「栗の実」という意味で「chestnut」と呼ばれるようになりました。

楽器のカスタネットも、栗の木を使用していたことからこう呼ばれるようになりました。

栗を英語で何と言う?フランス語とマロンの関係は? 2

スポンサーリンク

チェストは胸という意味も

英語の「chest」は「胸」という意味と、たんすなどの家具としての「チェスト」という意味があります。

これらは古い英語の「cest」から生じており、もともとはラテン語の「cista」(胸、箱)からきています。(https://en.wiktionary.org/wiki/chest)

 

スポンサーリンク

マロンはフランス語、マロニエと栗は別のもの

栗という意味で「マロン」という単語を使いますね。

フランス語では栗のことを「marron」と言います。

「マロニエ」(marronnier)という木の実であることからマロンと呼ぶようになりました。

この「マロニエ」はトチノキ科に属しており、栃木県の県木に指定されている「トチノキ」と近い種になります。

日本の栗はブナ科に属しているので、品種は異なっています。

私は以前ヨーロッパに旅行した時にマロニエの実を食べました。

日本の栗と同じ感覚でゆでて口にしたところ、とても渋みが強く、渋抜きをしっかりとしなければいけないと思いました。

日本の栃の実も渋抜きが必要なようですので、やはり栗とは違う品種です。

 

スポンサーリンク

栗に関係する英語

「大きな栗の木の下で」はもともとアメリカの歌で「Under the Spreading Chestnut Tree 」という歌です。歌に合わせて手を広げたり踊れるので、お子さんと一緒に歌いながら体を動かすのも楽しいですね。

Youtubeで動画を見つけましたのでリンクを張っておきます。

【こどもちゃれんじ English】【えいごのうた】Under The Spreading Chestnut Tree
Under the Spreading Chestnut Tree | Song for Kids by Little Fox

そのほか、甘栗は英語で「sweet roasted chestnuts」。

むき甘栗は「peeled sweet chestnuts」

です。

 

スポンサーリンク

まとめ

栗の英語表現についてまとめました。
普段何気なく「英語」だと思っているものでも、実は違うものをあらわしていることもありますよね。
この記事がお役に立てれば幸いです。

コメント

error: Content is protected !!