新型肺炎の症状、経過と重症例の検討 中国の論文から

新型コロナウイルス感染症に関する初期例41例の患者について報告した論文が医学雑誌Lancetに掲載されました。
この論文を読み、内容のポイントをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルス肺炎の症状と経過の特徴

今回読んだのは2020年1月24日発表の論文です。

”Clinical features of patients infected with 2019 novel coronavirus in Wuhan, China”

武漢のJin Yin-tan病院で流行初期に入院した患者41例の症例報告です。

新型コロナウイルスは英語でthe 2019 novel coronavirus (2019-nCoV)と訳されています。

論文の概要:中国武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の疫学、臨床的特徴、検査所見、臨床結果のまとめ。

内容:新型コロナウイルス感染が疑われた患者は武漢の病院に入院となった。
確定診断としてリアルタイムRT―PCR法と次世代シークエンス解析を用いて診断を行った。
(※インフルエンザなどの他のウイルスと異なり、確定診断の検査には日数がかかるということです)

この論文で対象としている患者数は41名。
男女比は男性30名、女性11名。
基礎疾患を有する者は13名(32%)糖尿病、高血圧、心疾患など。
年齢中央値は49歳(41~58歳)。
27名(66%)が海鮮市場での暴露があった。

症状と経過

見られた症状は以下の通り。
発熱が98%、咳76%、全身倦怠感44%。
痰や頭痛、喀血、下痢なども見られた。
発病から8日ほどで55%に呼吸不全が見られた。
41人すべてにCTでは肺炎が見られた。

合併症と死亡例

ARDS 29%(12人)、その他心疾患(心臓発作など)、二次感染など。
死者は6名(15%)。

治療について:

基本的には症状を和らげる対症療法が中心となります。
肺炎による低酸素化には酸素投与なども。

有効な抗ウイルス薬について:lopinavir,ritonavirといった抗ウイルス薬の有効性は現在検証段階です。
ステロイドの有効性については議論するところです。
今回の例でも、重症患者にのみ限定して全身ステロイド投与を行っています。

 

ディスカッション(深掘り)・まとめ

新型コロナウイルスはSARSのコロナウイルスのような経過を示すことがあり、重症肺炎を引き起こしうる。
入院から急性呼吸不全の発症までは短い例で2日。

これまでの例をみると人間から人間への感染も引き起こしうると考えるべきと論文の中では結論付けられています。
医療従事者などでは、N95マスクや防護服などの着用が強く推奨されます。
また、医療従事者では無症状の感染のチェックのため、新型コロナウイルス患者との接触(暴露)前後でのウイルス抗体価検査も推奨されています。

今回の新型コロナウイルスでは臨床所見:発熱、咳、息切れやCT初見などがSARSやMERSのコロナウイルスと類似している部分があります。
一方、喉などの上気道よりも肺などの下気道の症状が主体です。
SARSではコウモリ、MERSではラクダ(コウモリ)からの感染が見つかったように、今回のコロナウイルスもコウモリからの感染が示唆されますが、今後の解析が待たれるところです。

Chaolin Huang 氏らの論文です。

論文へのリンク:(リンク切れの場合はご容赦ください)

新型肺炎の症状、経過と重症例の検討 中国の論文から 1
Redirecting

新型肺炎の症状と経過

初発症状は発熱や咳、筋肉痛など。
発症後しばらくは症状が軽いものの、
発症から7日程度で入院、9日で急性呼吸不全をきたし、10.5日程度でICU入室、という重症化の特徴の経過です。
初期には症状が軽かったとしても甘く見てはいけないということですね。

SARSとの共通点

重症例には過剰な免疫応答が見られ、これがSARSとの共通点と報じられています。

重症化の要因など現時点でははっきりしない部分はありますが、
基本的な防護:不要不急の外出を避ける、手洗いをしっかり行う、
医療従事者は感染に細心の注意を払う
といったことは必要ですね。

中国での肺炎の死亡者数

1月25日時点での中国の肺炎の死亡者数は41人。
感染者数は1346人と発表されています。
ただし、この数字が実際の正確な感染状況を反映しているかに関しては、
報告システムなどにより現状に即していない可能性があります。
武漢市内だけで5000人を超えるのではという推計もあります。(2020年1月24日時点)

まとめ

新型肺炎についての初期例報告の論文を概説しました。
・初期症状が軽かったとしても甘く見ていてはいけない
・感染対策をしっかりと行うこと
が重要ですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ブログ村・ブログランキングにも参加しています。
応援していただけますと励みになります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 一般教養へ
にほんブログ村

新型肺炎の症状、経過と重症例の検討 中国の論文から 3
人気ブログランキング

スポンサーリンク
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです
暮らしの情報&雑学広場
error:Content is protected !!