ads.txt 設置方法 ドメインのルートレベルでホストとは

ads.txt 設置方法 ドメインのルートレベルでホストとは 1 未分類
スポンサーリンク

今日はGoogle adsensにログインしたところ、次のような表示が出ていました。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。(中略)この問題を今すぐ修正してください。

ヘルプページを見ても今一つよくわからなかったので、解決法を検索しながら自分なりに対応しました。

今回はこのエラーの解決方法についてまとめました。

アドセンスを始めたばかりなのでads.txtと言われてもピンとこない
ドメインのルートレベルでホストとは??
Xサーバーでの解決方法は?
などと疑問に思った方、解決方法を探しているかあのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ads.txt 設置方法

まず、アドセンスのヘルプをクリックすると以下のような表示が出ました。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。
ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

サイト運営者に対してのメリットについての解説や考察は後述しますので取り急ぎ解決方法を先に述べます。

ads.txtの作り方

アドセンスのヘルプにはこう書いてあります。

AdSense 向けの ads.txt を作成する
Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。
1. テキスト ファイル(.txt)を作成します。
2. ファイル内に次の 1 行を含めます。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。
3. 作成した ads.txt を、ドメインのルートレベル(例: https://example.com/ads.txt)でホストします。
ルートレベルとは、Public Suffix List に記載されたドメイン名の 1 つ下のレベルを指します。たとえば「google.co.uk」は「co.uk」のルートドメインですが、「maps.google.co.uk」はそうではありません。詳しくは IAB の ads.txt 仕様書をご覧ください。

ヘルプに従って行っていきましょう。

テキストファイル作成

まず、テキストファイルを作成します。
Windowsであればデスクトップを右クリックします。
新規作成からテキストファイルを作成することができます。
Macではアプリから作成します。

続いて、ファイル内に次の 1 行を含めます。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

pub-0000000000000000の00以下の部分にはサイト運営者 IDを入力します。

サイト運営者IDの確認方法
AdSense アカウントにログインして[アカウント] をクリックします。
[アカウント情報] のところに [サイト運営者 ID] が記載されています。
アドセンスID

サイト運営者 ID

もしくはAdSense から届いたメール(「AdSense へようこそ」など)にサイト運営者 ID が記載されています。

こうしてIDを確認し、テキストファイルにはり付けましょう。
貼り付けたら、ファイルのタイトルをadsと入力し、テキストファイル(.txt)として保存します。

スポンサーリンク

ドメインのルートレベルでホストする

Xサーバーへのアップロード

続いてXserverをお使いの方は、ファイルマネジャーにログインします。
対象のドメインを選択し、public_htmlのフォルダを選択します。

ads.txt 設置方法 ドメインのルートレベルでホストとは 2

アップロードする場所 public_html

ここに先ほど作成したads.txtをアップロードすれば完了です。

確認方法

正しくアップロードできたかを確認するには
ドメイン名/ads.txtを打ち込むとテキストファイルの内容が表示されます。
アドセンスに反映されるまでには24時間程度かかることもあるようです。
24時間以上経過してから確認したところ、エラーメッセージは消えていました。
スポンサーリンク

ads.txt で認定販売者を宣言する理由とメリット

先ほどのアドセンスのヘルプではIABが紹介されていました。
IABというのはインタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー( Interactive Advertising Bureau )でアメリカのインタラクティブ広告業界団体のことです。
デジタル広告なども含めた業界団体です。

ads.txt設置のメリット

ads.txtを設置することでメディア(サイト運営者)は認定販売者を宣言することとなります。
これはなりすましサイトへの対策になります。
今までに、悪意のある第三者が偽のメディアに対する広告配信や不正なアクセスをし、広告収入を得るという問題が起きています。
これは広告主側にとっては広告費をだまし取られているようなものです。
Googleとしても、代理店として対応が必要です。
そしてメディア運営側として、もしもしなりすましサイトに広告が配信されてしまった場合、あなたのサイトに広告が配信されなくなる可能性があります。
アクセスの質が悪い、不正であるとあなたのドメインが判定されれば、ドメインの評価が下がる可能性があります。

サイト運営者は ads.txt を作成することで、自分のサイトの広告をより管理しやすくなり、偽の広告に対する対策となります。
アドセンスのヘルプページには以下のように記載されていますが、最新の情報に関しては適宜ご確認ください。

Google は ads.txt をどのように使用するのですか?

ルートドメインに ads.txt ファイルが置かれている場合、Google はファイルの記載内容から、そのルートドメインでの広告配信が許可される Google 販売者アカウントを認識します。

お客様が特定のサイトでの広告配信をリクエストすると、Google はそのサイトのルートドメインに ads.txt ファイルがあるかどうかを確認します。ads.txt ファイルがない場合は、販売者に関する選別は行われません。ads.txt ファイルがあり、お客様のサイト運営者 ID がファイルに正しく記載されている場合は、そのリクエストに対してオークションが開かれ、配信権を獲得した広告が返されます。ads.txt ファイルがあり、お客様のサイト運営者の ID がファイルに正しく記載されていない場合は、そのリクエストに対してオークションは開かれません。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ads.txtをルートドメインでホストする方法について解説しました。
Xサーバーをお使いの方に向けたアップロード方法も記載しました。
お役に立てれば幸いです。
未分類
スポンサーリンク
minoをフォローする
ナルロバ~なるほどの広場~

コメント

error: Content is protected !!