ダニ 駆除 赤ちゃんがいてバルサン以外に カーペットや布団の対策

スポンサーリンク

先日、背中がやけに痒いと思って見てみるとダニに刺された、赤く腫れていました。
つい最近主人も同じように刺されたらしく、ダニ対策が必要だと考えました。
そこで今回はダニ対策の方法についてまとめました。
特に赤ちゃんや小さいお子さんのいるご家庭でもやりやすい方法など調べました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダニを駆除 赤ちゃんがいてもできること

ダニが増える原因

まず、ダニが増えやすい環境はどのようなものでしょうか。
ダニの発生には温度と湿度が大きく影響しています。
湿度が65~85% 、温度は20~30℃ぐらいの環境が最も増えやすいと言われています。
餌となるものは室内のカビやハウスダスト、フケ・アカ、食べもののカス、などが大好物。
梅雨の時期や、布団を敷きっぱなし・ペットのいるご家庭なども注意が必要ですね。

そのため、手軽にできる対策としてはまず毎日掃除機をかけましょう。
カーペットや畳に対し、じっくりと掃除機を動かし、丁寧にかけましょう。
畳の上にカーペットを敷いているご家庭は、非常にダニの温床になりやすいのでマメに掃除機をかけましょう。
部屋の空気の入れ替えをし、湿度も60%以下を目指しましょう。
清潔で適度に湿度の抑えられた環境にすることでダニの発生を少なくすることができます。

スポンサーリンク

ダニ駆除の方法

次に、具体的なダニの駆除の方法をご紹介します。

・天日干しにする

布団や寝具でなかなか洗濯が簡単にできないものは天日干しにするという方法があります。
太陽の熱によってダニを駆除する効果が期待されています。
ですが、表面の温度は上昇してもふとんの内部まではダニが死滅するほど加熱することはできません。
効果は限定的と考えた方が良いでしょう。

・バルサンを炊く

部屋の中でバルサンを炊く方法も一般的です。
一度行うだけで家中のダニ・ゴキブリなど害虫駆除ができ便利です。
ただし食品や食器、おもちゃ、衣服、寝具、精密機器などは
直接煙がかからないようにする必要があります。
布やビニ―ル、新聞紙などをかけたり、部屋の外に出しましょう。

スポンサーリンク

ダニ駆除バルサン以外の方法

バルサン以外の方法でダニを駆除する方法はどのようなものがあるでしょうか。

・布団クリーニング

長い間使用している布団の中には無数のダニがいます。
洗濯やクリーニングに出して内部までしっかり洗いましょう。
クリーニングで最後に乾燥機をかけると熱でダニを駆除する効果も高まります。
特に冬の布団などはシーズンが終わったらクリーニングに出してしまっておくと良いでしょう。

・スプレー

ダニに効果があるとされるスプレーも市販されています。
ソファー、カーペット、ベッドと言った簡単には洗濯できないものにも使えます。
スプレーの後にさらに掃除機をかけるとより効果的です。
1ヶ月に1回程度の使用でもダニが減ると言うものもあります。
ただし使う時にはスプレーを吸い込まないようにすることに注意が必要です。
人によってはスプレーの成分でアレルギーが出ることもあり注意しましょう。
スプレーの匂いが消えるまで数時間程度必要なものもあります。
匂いが気になる方や敏感な方は、症状が出た時は継続を控えた方が良いかもしれません。
スプレーのあと濡れたままのところに触ると肌にスプレーの成分がついてしまうこともあるので注意しましょう。

・スチームアイロン

カーペットのダニにはアイロンが有効です。
特にマンションなどで選択のできないカーペットの家には、アイロンやスプレーが便利です。
畳やカーペットにアイロンのスチームをあてます。

ゆっくりと時間をかけて、中まで熱と蒸気がしっかり伝わるようにアイロンをかけます。
終わった後は十分乾燥させましょう。
ただしダニには効果がありますが、カビや黒ずみには効果が不十分な場合があります。
清潔を保つことが大切ですので、掃除と合わせて行いましょう。

・布団乾燥機

布団乾燥機はセットしてタイマーで自動的に布団を乾燥してくれます。
使い終わった後は布団が暖かくてふかふかになり、ダニも駆除されてとても気持ちがいいです。
定期的に行うと効果的なのでおすすめです。

・ダニ取りシート

市販のダニ取りシートを置いておくだけなので手軽ですが、 効果が不十分な場合もあります。
掃除機などと合わせて使いましょう。

その他、カーペットなど布製品をできるだけ使わないといった工夫も有効です

スポンサーリンク

まとめ

ダニ駆除の方法についてまとめました。
もしダニに刺されて赤みや痒みの症状が強い場合は皮膚科を受診してしっかりとお薬で治療した方が良い場合もあります。
ご参考になれば幸いです。

コメント

error: Content is protected !!