蒸しタオル 電子レンジあり・なしの作り方と冷めにくくする方法

今回は蒸しタオルの活用法です。
電子レンジなし・ありの作り方と冷めにくくするための方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蒸しタオルをレンジなしで作る方法

蒸しタオルの作り方:レンジなし

1.45度のお湯を洗面器などの容器に入れる。
2.たたんだタオルを30秒間ほど浸して温める。
3.タオルを絞ると蒸しタオルの完成。

お湯と入れ物があれば蒸しタオルを簡単に作ることができます。
湯沸し器やお風呂で温度の設定ができるようであれば45度のお湯も蛇口から出すことができます。
もし温度計がない場合は、ポットややかんで90度程度のぐらぐらする状態のお湯を沸かします。
このお湯とほぼ同じ量の水を加えればざっくり40度台程度のお湯ができます。

蒸しタオルは電子レンジで何分加熱?

600W で1分程度加熱すると蒸しタオルを作ることができます。
以下に詳しい作り方をご紹介しますね。

電子レンジでの蒸しタオルの作り方

サランラップやポリ袋に、ぬらして軽く絞ったタオルを入れます。
ラップはふんわりと、袋は口を少し開けて上記が逃げられるようにして
レンジで加熱します。
目安は600wで約1分ですが、最初は調子を見て加減するようにしてください
取り出すときやけどには十分注意しましょう。
熱すぎるようであればトングや取りばしなどを使用しましょう。

蒸しタオルが冷めるのが早い場合の原因と対策

レンジを使って蒸しタオル作っても、すぐに冷めてしまって残念な気持ちになりますよね。
蒸しタオルがすぐに冷えてしまう原因と解決方法をご紹介します。

蒸しタオルがすぐ冷える原因

1. レンジで加熱ムラになっている

電子レンジで蒸しタオルを作ると、場所によって加熱のムラができてしまいます。
温度が低い部分があるとすぐに冷めてしまう原因に。

2. 広げると冷めやすい

タオルを広げて顔に乗せると、温めた蒸気と熱がすぐに逃げてしまい、タオルがすぐに冷めてしまいます。
できるだけ広げ方は大きくしないように顔に当てるようにしましょう。

3.タオルが薄い

タオルの生地自体が薄い、毛足の短いものだとやはり蒸気や熱が逃げやすくなります。
記事が厚手のものの方が冷めにくくなりますので
ある程度生地や材質を選ぶことも大切です。
楽天で評価の高いタオルはこちら。
320匁蒸しタオルグリーン線(12枚入り)日本製 フェイスタオル 業務用【プロ仕様】【サロン専用】【エステ】【スチームタオル】【蒸し】緑線タオル【フェイシャルタオル】

まとめ

電子レンジとそれ以外での蒸しタオルの作り方、
蒸しタオルが冷めにくくする方法をご紹介しました。

やけどには気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです
暮らしの情報&雑学広場
error:Content is protected !!