早合点・早とちりの意味と由来は?例文、類語の使い方

早合点・早とちりの意味と由来は?例文、類語の使い方 1ことば

日常生活であわただしく過ごしていると、よく調べずにうっかり勘違いしてしまうこともありますよね。
仕事の出張先をよく確認せずに違う場所へ出発してしまい、途中で気づいて引き返した、など
「早とちり」「早合点」をしてしまうこともあるかもしれません。
今回は「早合点」「早とちり」という言葉の意味、使い方などについてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

早合点・早とちりの意味、英語、類語、例文・使い方

早合点とは「はやがてん」と読みます。
意味は「十分に理解しないうちにわかったと思い込むこと」です。

「せっかち」という意味をもつ言葉です。
早飲み込みなどということもあります。

早とちりとは、大辞林によれば「早合点して間違えること。」とされています。

とちるとは「間違える、失敗する」という意味です。
演劇などで台詞を間違えた時に「セリフをとちった」という言い方がよく使われます。
「とちめんぼう」から派生したともいわれています。
「とちめんぼう(栃麺棒)」は「栃麺を作るにはスピードが必要である」ことから「あわて者」の意味があります。
「とちめんぼうを振る」で「慌てる」という使い方をすることもあります。


「早とちり」は全体で「十分に理解せずにわかったと思い込み結果的に間違えてしまう」という意味です。

「早とちり」と「勘違い」との違い

「勘違い」は「思い違いをする」「間違って理解をする」という意味です。同様の言葉に「誤解」があります。
原因を「早さ」に限定していないので、「勘違い、間違い」の中で、その原因が「理解が十分していなかったため」のものが「早とちり」となります。

早合点・早とちりの意味と由来は?例文、類語の使い方 2

早合点・早とちりの例文・使い方

「話をよく聞かずに早とちりをしてしまった」
「私の早合点だった」

英語表現

「早とちり」を英和辞書で検索すると”jump to conclusions”という表現がありました。
「結論に飛びつく」イメージですね。
ただし、「間違い」の要素を含んだ言葉なので”mistakenly”や”wrong conclusion”といった言葉を添えると意味が通じやすくなります。

例文:He is an impatient listener and often jumps to the wrong conclusion.

彼は話をよく聞かず、よく間違える。

まとめ

早合点、早とちりの意味や使い方についてまとめました。
仕事の場面で早とちりをしないよう、落ち着いて確認する習慣をつけていきましょう。

スポンサーリンク
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
スポンサーリンク
ことば
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです
暮らしの情報&雑学広場
error:Content is protected !!