遺憾の意味、使い方、同義語と表現で注意すべきこと

遺憾の意味、使い方、同義語と表現で注意すべきこと 1ことば
遺憾 regret

日常耳にすることもある「遺憾」という言葉。
尾のような場面で使うのか、意味や使い方、例文、同義語や英語での表現について調べました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遺憾の意味

「遺憾」の意味は三省堂 大辞林 によると

思っているようにならなくて心残りであること。残念な、そのさま。

です。

遺は「のこす」という意味を持ちます。
憾は「感情」、気持ちや心のことです。
気持ちが残る、心残りであるという意味が伝わってきますね。

遺憾の類義語・同義語

類義語・同義語として残念、悔しい、無残(むざん)という言葉があります。

「遺憾」の使い方

例文で具体的な使い方を見ていきましょう。

・(~となったことは)まことに遺憾に存じます。(=本当に残念に思います。)
・遺憾の意を表する=残念だと思う気持ちを表現します。
自分の行動に対して謝る場合にも、相手の行動に対して非難の気持ちを表す場合にも用います。
ニュースなどで「〇〇(他者)が××したことは誠に遺憾です」とコメントしている場合がありますね。
これは、相手の行動への非難をソフトに表現する言い方です。

・遺憾ながら=残念なことではありますが
・遺憾千万=非常に残念なこと(強調の意味)
・遺憾なく=心残りがないよう、十分に
例:力を遺憾なく発揮する=力を十分に発揮する

遺憾の英語表現

Weblio辞書では、英訳としてはregretや pityという単語が掲載されていました。

「遺憾ながら」という言うには
I regret [am sorry] to say that….
To my regret, ~.

といった使い方をします。

まとめ

以上、遺憾という言葉についてまとめました。
ニュアンスなどについて知っておくと役に立ちそうですね。

言葉の意味や使い方に関してはこちらの記事も読まれています。

スポンサーリンク
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
スポンサーリンク
ことば
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役に立てましたらシェアしていただけると嬉しいです
暮らしの情報&雑学広場
error:Content is protected !!